「経営者保証に関するガイドライン」のポイント
4/12

本社応接にて(専門家派遣1回目)後日(専門家派遣2回目) 機構に2回目の専門家の派遣の申込依頼を行う経営者保証なしでお借り入れをされたいということでしたね。よろしくお願いします。まず何点か、資料を基に確認させていただきたいのですが・・・。お聞かせいただいた経営状態、拝見した決算資料ですと、まず・・・を改善する必要がありそうですね。前回、機構より派遣していただいた専門家のアドバイスに基づいて、顧問の税理士と相談しながら、ガイドライン適用要件を満たすために改善を進めてきました。当社の経営状態を検証した結果を資料に纏めましたので、この資料を活用しながら、金融機関に当社の現状をご説明し、  経営者保証なしで借り入れが可能か  ご相談したいと考えています。  今回は、第三者として資料の検証をしていただきたい。・・・を改善するためには、・・・我が社の場合は・・・はい。一緒に頑張っていきましょう。❶ 新規借入・決算書3期分(勘定科目明細含む) ・総勘定元帳、補助簿 ・その他、資産や負債の状況がわかる資料❷ 事業承継(後継者の個人保証、前経営者の個人保証等)・決算書3期分(勘定科目明細含む)・総勘定元帳、補助簿・定款、履歴事項全部証明書(商業登記簿謄本)・その他、資産や負債の状況がわかる資料▶確認資料(例)3

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る