「経営者保証に関するガイドライン」のポイント
10/12

今回から弁済計画案の作成に取りかかりましょう。まずご自宅についてですが、担保に提供されているので、売却をして返済にあてる必要がありますが、自宅に住み続けたい場合は、売却する代わりにご自宅相当の金額を少しずつ返していくことも可能です。はい。では、この弁済計画案をもって、金融機関に相談  してみましょう。全ての金融機関から弁済計画に同意いただきました。ありがとうございます。これで安心して生活ができます。たいへんお疲れ様でした。ありがとう ございます。自宅については・・・弁済計画の策定の準備(専門家派遣2回目)財産状況の説明、資産の換価・処分の方針等を検討します。9

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る