「経営者保証に関するガイドライン」のポイント
3/12

御社の状況について、いくつかお聞かせください。このガイドラインは、中小企業団体、金融機関団体共通の自主的なルールとして定められたもので、法的拘束力はありませんが、中小企業・経営者・金融機関が自発的に尊重し、遵守することが期待されています。中小企業基盤整備機構ではガイドラインの利用をご希望の方に、ご要望に応じて適切なアドバイスが可能な専門家をご紹介させていただいています。専門家費用は国から補助が出ますので、年間3回まで無料です。現在の御社の状況においては、専門家を派遣させていただき・・・の検証から始めるのはいかがでしょうか。手続きを進めるにはどうしたらよいのでしょうか。でも自分一人でガイドラインに書かれていることを全て達成するのは難しそうですね。   必要書類の準備などがありますが、我々中小機構・地域本部の他にもお近くの商工会・商工会議所、認定支援機関等で申込みを受け付けていますので、ぜひご活用ください。まずは身近な支援機関のかたに相談してくださいどなたか支援していただける人はいるんでしょうか。当社では・・・と言う状況です。条件を満たせば、金融機関は応じてくれるんですか?経営者保証に依存しない新規融資・保証契約見直し(事業承継時含む) ◎ガイドラインの内容説明 ◎ガイドラインの内容に即した経営状況であるかの検証 ◎ガイドラインの内容に即した経営状況を実現・継続するための体制の構築等に向けたアドバイス・支援 ◎経営状況についてのガイドラインへの適応状況の検証結果の策定▶中小機構の専門家によるアドバイス・支援の例相談を受けた時に、状況を聞き取りいたします。①既往の借入状況 ②既往借入への保証状況 ③返済の状況 ④経営内容・財務内容の状況  ⑤経営内容の第三者からの検証状況 ⑥金融機関との関係状況  その他担保提供の状況 等、主たる債務者、保証人の状況について確認させていただきます。▶聞き取りさせていただく主な項目主 な聞き取り項目2

元のページ 

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です