「経営者保証に関するガイドライン」のポイント
12/12

専門家派遣のご案内中小企業基盤整備機構 地域本部等■北海道011-210-7471■東北022-716-1751■関東03-5470-1620■中部052-220-0516■北陸076-223-5546■近畿06-6264-8611■中国082-502-6555■四国087-811-1752■九州092-263-0300■沖縄098-859-7566商工会一覧http://www12.shokokai.or.jp/hpsearch/top/php/zyokensentaku.php商工会議所一覧http://www.cin.or.jp/cin-cgi/me_list99open.asp認定支援機関一覧http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kakushin/nintei/kyoku/ichiran.htmガイドラインに基づいて、① 経営者保証によらない資金調達、事業承継時等の保証契約見直しを希望する方② 中小企業の経営者の方で、会社の事業再生や事業清算に伴って、保証債務の整理についてお悩みの方・お近くの商工会、商工会議所、認定支援機関、中小機構地域本部ヘご相談ください。・これらの支援機関を通じて中小機構ヘ派遣の申し込みを行います。事業者保証契約時保証債務整理時相談支援機関ガイドラインでは、主たる債務者、保証人に一定の経営状況であること等を求めています。派遣により、ガイドラインで求められている事項の実現に向けた支援をします。・引き続き、支援機関からの支援を受けられます。・必要に応じて、3回(単年度)まで専門家派遣が受けられます。① ガイドラインの内容に即した経営状況であるか否かの検証② ガイドラインの内容に即した経営状況を実現・継続するための体制の構築等に向けたアドバイス、支援③ 経営状況についてのガイドラインヘの適応状況の検証結果の作成  etc① 保証人の資産調査② 保証人による資産の表明保証の適正性に関する確認書の作成・報告③ 弁済計画案の作成支援(残存資産の範囲の決定支援を含む)  etc1 専門家派遣制度の利用者2 お申込み方法3 支援・アドバイス内容4 派遣を受けられた後〈お問い合わせ先〉お近くの商工会、商工会議所、認定支援機関、中小機構地域本部ヘご相談ください。お問い合わせ先

元のページ 

page 12

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です